七等星の光/明里好奇

¥ 700

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • スマートレター

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 180円
通報する

生きにくくても、見えなくても、そこで光ろうと思って。

「あの頃の私と生きにくいあなたのための言葉の森」に続きまして、散文詩集がもう一つできました。

肉眼で見える夜空の星は6等星がぎりぎり見える光の強さの様です。
だとしたら「存在していても見えない」星も見えないながらに光っているのではないか。そう思って何となくこのタイトルになりました。

友人に読んでもらうと「わかりすぎて息が詰まる」「私のことかと思った」と言ってもらえた詩と散文集となっております。
サイズは文庫サイズ。ページ数は96P、作品数は27作。
生きにくさを感じていらっしゃる方に、私は作品で寄り添ってみたいと思います。おこがましいかもしれませんが、これが私の内側です。